妻はだらしなくなっていく夫に

私と夫は元々さほど仲が良いわけではありませんでした。
そんな中、夫は転勤により単身赴任となり5年が経過しました。
その間、盆暮れの休暇を含めてほぼ毎月のように帰宅し、
それなりに嫌なところもありましたが、たまのことなのでやり過ごしていました。

ところが5年ぶりに当地に戻ることになり、
同じタイミングで子どもが進学のために家を出ました。

周囲の人は「新婚時代に戻った。」などと言いますが、とんでもありません。

年のせいなのか、5年の一人暮らしのせいなのか、
食事は必ず何か別のことをしながらで落ち着かず、
洗面所やトイレの使い方も汚いのです。

子どもの学費や仕送りで節約を余儀なくされていますが、
電気もガスもいつもつけっ放しです。

最初の半年はその都度気をつけてくれるように言いましたが、
うるさがったり逆切れするばかりで一向に改善する気はありません。
ひとつひとつは小さなことですが、
積み重なると常に後始末をしなければならない暮らしはストレスです。

あれこれ言っても喧嘩になるだけ消耗するので今では何も言いませんが、
その分気持ちは白けて仮面夫婦になりつつあります。
夫の母親は脱ぎ散らした衣類を嬉々として拾って歩くタイプですが、
私は全く違います。

私が残業でヘトヘトでも病気でも一切家事には手を出さない夫ですが、
定年後はきっちり折半し、炊事、洗濯、料理をしてもらうつもりです。