結婚のメリット

帰れる場所があるのはいい事です。

結婚でいいのは疲れて帰ってホッとする場所が出来る事です。

外でしんどい目をしても家族の為や守るものがあるから頑張れる時もあります。

守るものがあれば人は強くなります。

確かに独身の時にくらべれば時間やお金に制限はあります。

それに縛られるのが嫌なら結婚しない事です。

しかし結婚はそれにかえられないくらいの幸せを掴めます。

結婚式や婚姻届を出すだけでは得られません。

それはただの形式です。

二人で生活をしてふりかかる数々の問題を片付け家族として過ごさないと意味はありません。

それには忍耐が必要です。

ただ耐えるだけの忍耐では無くお互いに歩み寄り助け合わなければいけません。

そして出来る事なら子供がいる方がより理想です。

子はかすがいといいますが子供に助けられる部分は沢山あります。

しかし何より夫婦二人の努力が必要なのです。

婚姻届けはただの紙ではない

結婚をしてまず始めにする事は役所に婚姻届を出す事です。

妻と夫二人の名前や本籍地を記入し保証人二人を書きます。

それを出すと二人は国に結婚した事を記録されます。

結婚した事を口約束にしない法的な証拠です。

婚姻届はただの紙だと良く言われますが果たしてそうでしょうか?口約束では言った言わないの問題がおきます。

出す事により証拠が残ります。

そして結婚したと言う認識も出来ます。

別れる時も子供がいれば親権問題が生じます。

そして財産問題やその他を裁判で争う事も可能になります。出すものは紙ですが法的に認められる事になるのです。

一見形式だけのように見えますが出すことにより法的な責任が現れ、ただの紙では無くなります。