性の教科書~ジョイ・オブ・セックス~

基本的な要素

脇毛は剃ってはいけません。

脇の下での性交渉は、性生活にときには変化を与えます。

ペニスを女性の右腕の下に入れ亀頭ではなくペニスの柄でこすります。

女性は乳房を押しつけられ性感を得るでしょう。

クリトリスや外陰部にあてた男性の足の親指のうらは、すばらしくエロチックな道具です。

男性が女性にまたがっているときや、女性が横たわるか座っていて男性が対面位で座るときなどには足の親指を使ってください。

爪がとがっていないように注意すること。

レストランで、男性は靴と靴下をこっそり脱いでテーブルの上に二人とも4本の手を出したまま、足の親指でクリトリスをさわっていると誰にも気づかれないでいると女性に絶え間なくオーガズムを与え続ける事ができます。

アペリティフ (食前酒)

手の愛撫は基本的な訓練です。相互のセックスでは、巧みな手の愛撫にとって代るものはありません。

相手の男性自身が気にいっている自慰のやり方を女性がそのまま、まね事をしてみるのもいいでしょう。

男性は女性の自慰の仕方を知る必要があります。

手のひらを外陰部にあて中指を陰唇の間におきその指先を膣にいれたり・出したりし、一方、拇指球(親指の付け根から手首にかけてのふらみ)で恥骨の真上を強く押しつる方法です。

これには一定のリズムがもっとも重要で女性の腰の動きにリズムを合わせ、また陰唇をゆるやかに伸ばすことと交合にします。

それに次いで人差し指と小指でクリトリスとそのフードに総攻撃をかけ、親指を膣に深く入れます。

もっと早く反応させるには一方の手で女性器を開いたままにし他方の手の全部の指を使って優しく愛撫することです。

メインコース

側臥位になって頭部を相手の陰部に接触させそれぞれの下側の大腿を引き上げ、それを相手の頭のためのクッションにするのです。

男性は女性の上側の膝の屈曲部に腕を滑り込ませて女性器を大きく広げます。

いやがる人もいくらかいます。しかしその肉体的な見返りはきわめて強烈です。

その性戯をに逃す手はまったくありません。

まず男性が仰向けに寝て女性が顔を上に向けて男性の上に横になるか、顔を後ろ向きにして男性の上にまたがってひざまずくかのどちらかをしてください。

男性は女性の乳房なり恥骨をつかむこともできます。

女性によっては性交中に指でクリトリスを愛撫されるのを好む人もいますが後位だとそれらがらくにできます。

ア・ラ・パレスーズ 女性が横向きになって背後からする体位はもっともおだやかな体位で、これは女性が眠っているときにもできます。

一番いいのは女性が上になった方の大腿を少し持ち上げお尻を突き出す。

ソース

相手の手足をしっかりそれでいて楽な感じに縛るのがコツです。

柱があるベットの上なら一つかそれ以上の枕を支えにして相手を柱に縛りつけることができます。

多くの人は両足を開き、手首と肘を背中でしっかりと縛られたり、椅子に縛りつけられたり、あるいは立ったまま柱に縛られると、性的にもっとも興奮します。

圧迫によって性感が極度に高まる急所は、手首・両足・肘・足の裏・手足の親指。