激しい恋愛

年齢に関係なくどんな女性でも正面から口説かれたい気持ちは女性ならあるはず、結婚生活がうまくいっていても、虚構の世界のような激しい恋愛をしたい願望は誰にでも存在します。

誰もが全てを捨てるような恋をしてみたいという憧れはあるでしょう。

もちろんそんなすばらしい恋愛が誰にでも訪れるわけではありません。

今の生活の全てを捨てても良いほどの恋愛を経験せずに一生を終える人がほとんどです。

悲劇を招くとわかっていながら、否定なしに引っ張られる気持ち。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トラウマ恋愛映画入門 (集英社文庫(日本)) [ 町山 智浩 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/10/11時点)

周りに止められようがもうこの恋しかない・この人とは離れられないっていう破滅願望そういう不思議な心理が恋には隠れています。

人が人を恋していくときの脇目もふれない一途な心情、人を好きになるというのはある意味愚かな事です。

下手をすれば世間から後ろ指をさされ、家庭を壊し、仕事も捨てることになる。

それでもその愚かな行為は誰にも否定する事は出来ません。

男と女が惹かれ合う瞬間のオーラの輝きは、他人が不倫だと何だと言って軽薄に介入できるものではありません。

社会の常識も介入出来ないし、二人の間でしかうまれ得ないものです。

ただし婚外恋愛をすると女性の方がより夢中になる傾向があります。

男の人がいくら激しく恋をしても最後は踏みとどまります。

女は一度溺れると夫の顔を見るのも嫌になるという生理で反応していく部分がありますから。

女性はもともと現実的な生き物、男性が夢を諦めたような関わり方をすればますます現実に浸ってしまいます。

既婚者の恋にしろ不倫にしろそのことじたい周りがとやかく言える問題ではないのです。

人生は自分のためにあるもの。夫・妻・子供のための人生ではありませんし、人生は一度きりであっという間に終わってしまいます。

世間の常識・非常識、周りの意見で自分の人生を縛らないで下さい。

100%幸せになることはありません。

逆に100%不幸な人生というのもない。

その間を行ったり来たりしながら後悔せずに一生懸命生きていけばいいのではないでしょうか。