雪山で遭難しレイプされた私

「凍えそう・・・、あたしこのまま死んじゃうのかな・・・」
由衣は一人でゲレンデに出たことを激しく後悔していた。

女子大生の由衣は友達4人でスキーに来ていたのだった。
その中でも一番スキーの上手い由衣は
夕方のゲレンデを一人占めしようと
雪山の高くまで上ってきたのが運のツキだった・・・。
雪山でたった一人ぼっち遭難してしまったのだ。
見渡す限り雪ばかり。もう歩けない!
そう思った時だった。由衣は目の前に小さな
小屋があるのを見つけたのだった。
「助かった・・・。」
そう胸をなでおろし由衣はそっと小屋中に入った。
ギィィー
扉を開けるとそこには先客がいた。
中年の男性二人で由衣は人の姿を見ることができて
ほっとした。
「お~、わしらも遭難したんや!
 大変やったな!ま、中入り!」

中には何もなかったが、
由衣にとって人がいるというその存在が
とても心強かった。

由衣がほっと腰を下ろした時
太り気味の中年のほうが
由衣をなめるように見まわし、にたにた笑いながら
もう一人のめがねの中年に話しかけた。

「のぉ、このお嬢ちゃんええ体しとるのぉ~。
 こんだけ寒いんやし、暖めあってもええんちゃうの。」

由衣が男の意図することがつかめず、
「え・・・?」と言ったその瞬間、
めがねの男は由衣の腕をグイと引っ張っぱりあげた。

由衣腕はあっという間にめがねの男に後手に
ねじあげられ、すかさず太った男が由衣の足を
押さえにかかった。

「何するのよっ!!」
由衣は寒さで声にならない声を
振り絞ってそう叫んだ。
「何って決まってるやろ。SEXするんや。
 わしら、もう体凍えてしまってやばかったんや。」

男はそういうと、
ポケットからナイフを取り出し、由衣にちらつかせた。
由衣は恐怖のあまり足をじたばたさせようとしたが、
男に強く押さえられている為もがくので精一杯だった。

それでも強く暴れようとする由衣に
太った男はぴしゃんと平手打ちを食らわした。
「ええか?こっちも手荒な真似はしたくないんや。
 お互いに気持ちようなろう、いうとるんや。
 このまま死ぬか、気持ち良くなるんか、お前に残された道は
 二つに一つや。どっちにするか、考えてみぃ。」

「ここにはわしら二人しかおらん。
 ここにあったことはわしら以外誰もしらん。
 雪山で死ぬぐらいなら、わしら三人で楽しんだ方がええやろう?
 お前も恋人くらいおるんやろ?
 ここで死んだらもう2度と会えへんで。」
由衣はそう言われてふと東京にいる高志の顔が浮かんだ。
(高志に会いたい・・・)
そう考えるうちに後ろのめがねの男は
片方の手で由衣の腕を後ろでつかんだまま
もう片方の手で由衣の胸をまさぐり始めた。

「きゃっ!」
由衣はそう叫ぶとさらにもがこうとした。
じたばたする由衣に男はとどめをさした。
「暴れようが、痛めつけようが
 結局おれらはお前の体をどっちにせよ
 いただくつもりや。どうせやるんやったら、
 痛くなるより、気持ちよくなれって。」

そういわれた由衣はどっと肩の力がぬけ、
じたばたするのをやめた。
(じっとがまんすれば終わるんだ。)
由衣はただひたすらことを早くすませてしまいたかった。

「やっとおとなしぅなったで。」
男はそういうと、由衣のスキーウエアの
ジッパーをジィィとおろし、すばやい手つきで
由衣のズボンをはぎとった。
ニットとパンツのみの由衣の姿に
男はごくとつばを飲み込み、由衣のあごを
上にもちあげた。

「舌だしてみぃ。」
言われるままに由衣は恐る恐る小さく開けた口から
舌の先っちょをだした。

「もっとださんかいこるぁ。」
男にそう言われて由衣はありったけの
舌をつきだした。
その瞬間、太った中年の唇が由衣の舌を絡め取る。
そうしている間にもうしろの目がね男は由衣の
両胸をかかえるようにしてもみしだいていた。

男の唾液が由衣の喉を滑り落ちる。
飲みきれない唾液が唇から零れ落ち
ざらざらとした舌が由衣の口いっぱいに
ひろがる。
由衣はあまりのことに
なるべく男の顔を見なくてすむように
目をぎゅっと閉じた。

クチュクチュ・・・
長いディープキスは何故か次第に由衣の体を
紅葉させていった。
気がつくと後ろの男にニットをたくし上げられ
ブラの上から胸をもまれていた。
時折乳首に触れる手に由衣は徐々に感じ始めていた。

めがねの男はそれを知ってか知らぬか、
次第にブラをたくしあげ、
由衣の白い胸をブルンとさらけ出した。
下からもちあげるようにしてもみしだくその手は
意外なほど優しい手つきだった。
何度も何度も持ち上げながら
乳首だけは決してさわらなかった。
そのせいか、由衣の感覚は次第に胸の先に
集中させられていく。

ツンと突き出た乳首は
何かしらの刺激を求めていた。
その矢先、めがねの男のもみしだく手は
由衣のそれをキュッとつまみあげた。

「・・・っ。」
声にならない声が由衣の口から漏れる。
それを聞いた男はもう片方もつまみあげる。

今まで散々もてあそばれた胸は
次への快楽を求めていたのだった。

目の前にいた太った男は
由衣の唇からようやく離れ、
そのまま舌をを耳や首に滑らせた。

そうしている間にめがね男の片手は由衣のパンツの上に
そっとパンツの上に滑り落ち、ゆっくりと
円を描くように指先を動かしていく。

さっきまで冷たかった由衣のからだが
嘘のように熱くなっていく。
由衣は自分でもそれを感じ取りながら
もう取返しのつかない自分に
(このまま、気持ち良くなろう・・・。
 もうどうしようもないんだ・・・。)
と言い聞かせた。

めがねの男はそっと由衣の耳に
「パンツの上からでも濡れてるのがわかるよ。」
と語りかけた。
由衣の顔がパッとあかく染まる。

太った男は
「やらしい体や。」
そういいながら
舌を由衣の胸の先っちょまで滑り落とした。

「はぅ・・・」
めがねの男にツンと持ち上げられた胸の先っちょを
なめられ、由衣の口から自然と吐息が漏れる。

149
パンツの上からでも
分かるほどに由衣は濡れていた。
(あああ、もう駄目。)
そう思ったとき、パンツの上をまさぐっていた指が
太ももの横からパンツの中にぬるりと進入してきた。

熱くなった由衣の体に
男の指は容赦なく襲いかかる。
ゆっくりとすくい取るように由衣のヌルヌルを
クリトリスになすりつける。

くちゅ・・・ちゅく・・・ぷちゅ・・・
「はぁ・・・ん・・・・。」

しんと静まり返った小屋に響き渡る。

チュクチュクチュク・・・・・
ニュルニュルの由衣のクリトリスを
めがね男はやさしく撫で付ける。
その刺激に耐えていると、もう一人の男の指が
ぬるっと由衣の蕾に侵入する。

クチュックチュッ・・・・

ヌルヌルだった由衣の愛液は次第にさらさらに
なっていく。

見ず知らずの男二人に由衣の体はすっかり反応していた。

ピチャピチャ・・・プチュッ

由衣の体の中を一本の指が容赦なく暴れまわる。
もう一本の指はさっきまで撫で付けていた
クリトリスをきゅっとつまみあげる。
その度に由衣の体はビクッと反応し
さらに愛液を湧きたたせるのだった。

くちゅクチュちゅくチュクッ
「ん・・・ん・・・あ・・・・」
リズミカルな動きに合わせて
由衣の口からもあえぎ声が漏れる。
何時の間にか由衣の太ももから愛液が流れ落ちていた。
それでも容赦なくざらざらの指は
由衣の体を確かめるように撫であげる。

「はぁんんん・・・」

「おもらししてるみたいやで。」
男の声で由衣ははっとした。
気が付くと信じられないくらいの液体が
床いっぱいに広がっていた。
潮を吹いてしまったらしい。
噂では聞いたことがあるものの、
実際こんなに自分の体から液体が出るなんて
信じられなかった。
しかも、こんな奴らによって・・・・。

太った男は満足げにその姿を眺め、
するりと由衣のパンツを剥ぎ取った。

「お嬢ちゃん、もっと気持ちようなろな。」
男はそういうとカチャカチャと自分のベルトを緩め
いきり立った男性自身を由衣の前にさらけ出した。

生々しい男のそれを見て由衣は
急に現実を思い知らされ、怖くなってきた。
「イヤ・・・お願い、やめて・・・。」

由衣の懇願も虚しく、
後ろのめがねの男は由衣の両太ももを掴むと
グイと上方に持ち上げ男を受け入れられるように
大きく開脚させた。

お尻の穴まで見えそうなそのポーズは
この上なく由衣を辱める。

「ほら、いくでぇ、」
太った男は由衣の割れた肉芽に
ズボズボとそれをあてがってくる。

ぱっくりと開かされた由衣の肉体は哀しいほど
ずっぽりと中年男のそれを包み込む。

ずぶずっ・・・ずちゅっ

「い・・・いや・・・・。」
さっきよりも小さく消えそうな由衣の声。

ズッチュ・・ぶっちゅ・・・
「お~、ようさん濡れてて気持ちええわ。」
ちゅるっ・・・チュプッ

動かされる度、由衣の体は官能の渦に身を包み
歓喜に肉棒を締め付けてしまう。

「ん・・・ん・・・んっ。」
由衣は声を出してしまわぬよう
唇を噛み締め、その感触に必死に耐えていた。

ぬちゅ・・・ずぶ
「ん・・・ぁふぅ・・・っ」

由衣の肉体を確かめるように
太った男はゆっくりと肉棒をかき混ぜる。
由衣の肉のヒダがその動きに合わせて
肉棒にぴったりと吸いつく。

両乳首にはめがね男からの
心地良い刺激が丹念に施される。
時折乱暴にもみしだいたかと思うと
やわらかに乳首を摘み上げ、
手のひらでコロコロと弄ぶ。

上下同時の刺激に由衣の意識は
次第に薄らぎ始める。

(あああぁぁ・・・。)

男が由衣の中で動く程
由衣の白い太ももをつたい、
愛液が溢れつーと
零れ落ちる。

由衣はかつて何回か男性経験があったが
肉棒を咥えたまま愛液をたらすのは
初めての経験だった。

(き・・・気持ち・・・イイ)

ズッチュ、ずっちゅっ、じゅぷっ・・・
「ん・・・んぁっ・・・ん・・・」

男の動きが次第にリズミカルになる。
男の動きに合わせて、由衣も次第に
官能の頂点に達しようとしていた。

ずぽっずぽっ・・ぐちゅっ
「んぁっ・・・くぅっ・・・」

(はぁんっ・・・もう、だめ・・・
      いっ・・・ちゃう・・・・)

「はぁぅっ・・お嬢ちゃん、我慢せんと大きな声出してええんやで。
 いうたやろっ・・誰も聞いてやせん・・・って・・」

ズッブッズブッ
男の動きがさらに加速する。

「はぁんんん・・・・・」
男の声に反応してこらえていたものが一気に爆発する。
溢れる体液に男も応える。

ぐちゅりっ・・ちゅぷちゅぷ・じゅぷっ・・・
「あ・はぁんんんっ・だ・だめぇっ・・・いくぅぅっ・・・!!」

その瞬間太った男から由衣の顔めがけて
白いねばねばとした液体が噴射された。

どうやら男も尽き果てたようだった。

由衣が一息つくまもなく
後ろのめがねの男はそのまま由衣のお尻を
高く持ち上げ、由衣を四つん這いの形にさせた。

「やっと俺の番か。」
男はそういうと、由衣のぱっくりと割れた肉芽に
自分のそれをズブリと突き刺した。

「はうっ。」

敏感になった由衣の肉体は
滴る液体と共に再び受け入れてしまう。

さっきよりはやや小ぶりだが、
尖ったカリが、今まで触れたことのないヒダを
容赦なく刺激する。

「ん・・・はぁ・・・っ。」

ヌルヌルに溶けそうな由衣の体から
再び愛液が流れ落ちる。

ぬちゅ・・ぬちゅ・・・
めがねの男は肉棒をヒダに
ゆっくりと撫でるように擦り付ける。
これが由衣にはたまらなく気持ちがいい。

うっとりとその刺激に酔いしれていると
太った男は無理矢理由衣の口に
まだ収まりきらない男根をずっぽりとあてがった。

由衣には始め何が起こったか理解できなかったが
男を怒らせないよう懸命に男根を
口いっぱいに吸い上げた。
じゅぽっ・・じゅぽっ・・・

そうこうするうちに
めがねの男は由衣の体に覆い被さるようにして
両胸を撫で始める。
口いっぱいに男性を抱えながら
乳首の感覚、肉棒の感覚を由衣は次第に
味わい始めた。

ぶちゅりっ・・・ちゅぷっ・・・ちゅぷっ・・・

ゆっくりとした動きが次第に加速する。
由衣ももう一度昇りはじめる・・・・
とその時、めがねの男は
弄んでいた片手をするりと由衣の股にすべりこませ
きゅっとクリトリスをつまみあげた。

「はぁうっ・・・・!」

由衣は忘れていた感覚を再び刺激され
思わず咥えていた肉棒から口を離してしまう。

めがねの男はかまわずクリトリスを
由衣のヌルヌルでこねくり回しながら
肉棒を突き刺す。

「はぁぁあぁん・・・い・・・ぃ・・・」
この上ない絶頂感。

「あっ・・はぁっ・・・ぅっ!」
(気持ち・・・よすぎる・・・)
由衣の意識が再び遠のく。

ざらざらの肉ひだに突きたてられる男性自身。
揉みしだかれ、転がされる乳首の感触。
こねくりまわされ、つままれるクリトリス。
すべての感覚が由衣に襲いかかる。

くちゅ、ちゅぷっ、ずちゅっにゅるっっ
「あぁぁぁぁぁ!!はぁうんん!!」
「いくっ!」
「いくいくいくっ・・・」

男と由衣の声が同じに響き渡る。

その瞬間由衣の体の中に
男の液体がにゅるりと進入しているのに
その時由衣は気がつかなかった・・・・。

夫の性欲を抑えるサプリ